堺市でリウマチの鍼灸治療を行っております。

  SAKAMOTO_CLINIC

クリニックのご案内
診療案内
施設の紹介
スタッフ
院長のコラム
ハーバルセラピーサロン粋
 
プールリハビリテーション
パワーリハビリテーション
巻き爪治療
リウマチ治療
専門治療
 
大美野阪本鍼灸治療院
サプリメント外来
 
 HOMEに戻る

 

リウマチの鍼灸治療法

1.東洋医学とリウマチ

慢性関節リウマチは東洋医学では「痺証(ひしょう)」になります。
「痺証」とは、風・寒・湿の邪が合併して、経路をおかしたもので、痛み・関節障害などが特徴です。末梢神経や循環機能の障害、自律神経失調、免疫異常などが関連すると考えられています。
 

2.鍼灸治療

 鍼灸では、灸頭鍼(鍼の上に艾(もぐさ)をつけて温める方法)での部分的な治療(対症療法)により、血液循環が良くなり効果的です。耳鍼や全身調整を行うことも、身体に停滞した邪気を取り除き、気血の流れを良くして、症状を緩和させることができます。
  (c)2005 Sakamoto Clinic All Rights Reserved.